大和市近郊で家族葬を行うそのメリットを教えます

皆で故人が生きた証とその死を受け止めてしっかりと送り出すことがお葬式を行う目的と言われています。一般的に高齢者というと65歳以上といわれていますが、神奈川県のほぼ中心に位置する大和市では、70歳代を高齢者と括らない都市と宣言しています。この宣言には年齢で高齢者などの扱いを規定するわけではなく、その年代の方が前向きに生活して今まで覚えた能力や知識を生かしていこうと前向きになってくれればという願いも込めたものです。この宣言を受け市には元気づけられたという声が寄せられたりと年齢を重ねても自らの健康を意識し、生き生きと活躍するこの年代の方が大和市には多いのです。このように最後まで前向きに生きた大切な人の意思を尊重できる家族葬というかたちで最後送り出す選択をする方が大和市ではとても増えています。

そもそも家族葬とはどのようなものか

家族葬とは家族や親族、親しい友人や知人のみで規模の小さな葬儀形式のことを言います。形式や宗教形態を定めているものではありません。生前に故人と関わりを深く持った方と別れを共有することで、思い出話などをしながら充実した時間を過ごすことが出来ます。また親しい方のみで家族葬を行うため、世間体を気にする必要もなく、故人の意に沿った自由な内容で葬送を執り行えます。しかも小規模な家族葬は費用を抑えることも出来るのです。そのため最近では大和市でも3人に1人が家族葬を選んでいます。ただ一番大切なのは、故人に対して心からの感謝の思いで最後を見送りたいという気持ちを持つことです。最近では事前相談を進めてくれる葬儀社が多くあります。葬儀は故人を送り出す大切な儀式ですので、慎重に依頼する会社を選びましょう。

家族葬を行う場合のおすすめプランにつて

大和市で家族葬を行う際、もし故人が写真を撮ることや絵を描くことが好きだった場合その作品を展示するメモリアルコーナーを設置したり、旅行が好きであれば、それまでに行った旅行の写真でスライドショーを作ったり、ビデオなどを流し故人の歩んだ道を紹介するなど様々な創意を加えることが出来ます。また花祭壇にこだわるのも故人らしさが出てとても素敵です。例えば故人がゴルフ好きであれば花祭壇でゴルフ場を再現してみたり、釣りが趣味であれば、お花で波を再現し波音をBGMで流して、故人が楽しんだ時間を一緒に体感してみるものおすすめです。最後になりますが、家族葬を行う上で、どの場所が最適なのかはそれぞれの家族によって異なります。事前に家族できちんと話し合い、故人をしっかりと送り出すことができるプランを考えましょう。