大和市近郊の家族葬に向いているプランを説明します

大和市で家族葬を調べる際に、おすすめのプランを紹介します。家族葬は大まかに分けると4タイプあります。火葬のみで5名程で執り行う家族葬、家族と等身が近い親族10名程で行い告別式のみの家族葬、家族と等身が近い親族10名程で行う通夜と告別式がセットになった家族葬、家族と親族やごく親しい友人20名程で行う通夜と告別式がセットになった家族葬があります。人数や方法は葬儀会社によって違ってきます。インターネットで検索すると、たくさんの葬儀屋と様々なプランがありますので、縁起でもないと怒られてしまうかもしれませんが、慌てていて適当な葬儀屋にあたってしまったということにならないためにも、事前にリサーチしておくと良いです。事前に登録しておくと、葬儀料金の割引を受けることができる葬儀屋もあります。

大和市で家族葬を行うデメリットやメリットを紹介します

大和市で家族葬を行う際に気を付けた方がよいデメリットやメリットを紹介したいと思います。デメリットとしては生前故人と仲良くしてもらっていた方への連絡のタイミングです。亡くなったことを知らされず家族葬が済んでから、事実を知り気分を害されたりすることもあります。その後、自宅に弔問に見えたりすることがあり、面と向かってお小言をいただいたり、個別対応することが何回か発生します。あとは、金銭面です。額面金額は安いと感じても、実際の一般葬は香典で料金の大半をカバーすることが可能ですが、家族葬は基本的に香典を辞退することになりますので、実費精算となります。メリットは、家族や親しい人のみでゆっくりとお別れの時間を過ごすことができる点です。一般葬ですと、喪主や家族はしなければならないことが大量にあり、ゆっくりと故人と過ごすことが出来ません。

大和市で家族葬を行う際のマナーとは

大和市で家族葬を行う際にデメリットもあればメリットもあります。昨今の高齢化に伴って企業をリタイア後も第二の人生としての余生が十分にある時代となりました。そのため、疎遠になった方々も多々増えていきます。また、核家族化がすすみシンプルな葬儀を行う世帯も出現しました。家族葬を行うにあたって、気を付けたいことがあります。身内が死亡した際に会社に所属していたら上司に連絡し、家族葬で行う旨と香典を辞退する場合はその旨をきちんと伝えてください。供花、供物についても、連絡すると会社側は対応がしやすいです。規定で何日お休みするかも忘れずに、身内や親族や町内会にも同様に明確に連絡してください。ごく身近な方のみで家族葬を無事に執り行った後に挨拶状を友人や知人に送ると良いでしょう。