名刺作成関連情報

HOME名刺の取り扱い方

最終更新日:2018/04/18

名刺の取り扱い方

名刺交換

名刺の正しい取り扱い方を確認してみましょう。人に渡すとき、貰うとき、そして自分の名刺や相手の名刺を保管するときなど、便利な方法が見つかるかもしれません。
【名刺を渡すとき、もらうときの取り扱い方】
まずは渡すときは両手で相手に文字を向けることは基本ですが、指で隠れないように注意することが必要です。凝ったデザインの名刺作成をするときにも、渡すときのことを考えて作成することが大切です。
名刺を受け取るときも両手で受け取ります。そのあとは、いい加減にあつかっている印象を与えないことが大事です。名刺はすぐに仕舞わないようにしましょう。立っている姿勢なら胸の高さで持ちます。なるべく下におろさないようにします。座っているならテーブル、持っていたら名刺入れの家に置きます。パッと見たときに目についたことがあれば、話題にもできますね。そして帰り際に、大事そうな素振りで仕舞いましょう。
【もらった名刺の整理方法】
もらった名刺を保管するには、名刺ホルダーに入れたり、ノートに貼ったりする方法があります。最近では名刺をデジタルで保管する人も増えています。スマホで撮影するタイプのものや、PCに接続する専用の機械もあります。スキャナーを持っていればそれを名刺整理に活用することができます。それをアプリで保管すると、いざというときに見つけやすく、嵩張ることもありません。まだまだアナログの人が多いですが、名刺のデジタル管理は大変便利です。
いずれにしろ、もらったらすぐに整理をするようにしましょう。無くす心配もなく、相手のことを覚えておくためにも有効です。
【自分の名刺の保管に気を使う】
名刺でも角があるタイプの名刺は、ちょっとどこかに当たってしまうと擦れてしまいます。細かい部分ですが、見ている人は見ているので、きれいに保管することが大切です。名刺ケースに入れるときも傷がつかないように注意しましょう。
また通販で名刺を注文するときは、梱包の仕方もしっかりと見ておきましょう。デフォルトで梱包がしっかりしている業者を選ぶことで、きれいなままの名刺が手に入ります。また業者によってはオプションで丈夫な箱をセットで注文できるところもあります。心配なら、そういったサービスも利用してみましょう。
【名刺は1つの手段】
名刺は相手に覚えてもらうためにも、相手のことを覚えるためにも重要な役割を果たします。取り扱いにも気を配っていくことで、次のビジネスにも繋がることになりえます。名刺に関して、見えないところでの努力も大切です。

一覧はこちら

名刺作成ランキング

TOP