名刺作成関連情報

HOME名刺にかかる経費とその費用対効果

最終更新日:2018/04/18

名刺にかかる経費とその費用対効果

四枚の名刺

常日頃から名刺を常備しておかなければならないサラリーマンにとって、名刺のストックをどうするかという問題は、些細なことですが重要な問題です。これはその人の性格によっても異なるのですが、安い名刺印刷会社にまとめて一気に依頼し、常にストックを切らさないようにする人がいますよね。こういう人は普段から洗剤や歯磨き粉などの日用品の予備を棚に保管しているタイプです。
もうひとつ別のタイプとしては、ぎりぎりまで手をつけない人が挙げられます。なくなってから「まあ明日買いに行けばいいや」と面倒くさがって、後になって慌てるのです。恐らく小さい頃は夏休みの最終日まで宿題を残していたのではないでしょうか。
今回説明するスピード名刺は、後者のタイプの人にうってつけのサービスです。例えば、近々自分が所属する業界の人たちが集まる大きなイベントがある。当然、そこでは多くの相手と名刺を交換して交流を深めなければならないけど、名刺入れには数枚しか入っていない。これでは絶対足りない!しかし、自宅にはプリンターがない。
こういう状況になることは、一年のうちでそう何度もあるものではありませんが、いざその状況に置かれてみると、焦ってしまいますよね。
しかし、そんな面倒事を後回しにするタイプの人でも、スピード名刺なら当日中に発送してくるのです。ある会社を例にとってみましょう。その会社では、13時までに名刺印刷を依頼すれば、その日の内に発送してくれます。これだけ対応が早いと、その会社の社員さんの健康面を心配……する前に名刺の出来栄えについて心配してしまいますが、その点については大丈夫です。スピード名刺の印刷はあくまでも、通常サイズ(91mm×55mm)のごくありきたりな名刺作成をする時の話です。箔押しなど、凝った名刺をお持ちの方には残念ながらスピード名刺の恩恵を得られません。
しかし上記のようなタイプの人は、そもそも複雑なデザインの名刺を持っているとは考えにくいですね。できるだけシンプルな名刺を持っているはずです。もしも名刺が切れていて、目前に大ピンチな状況が差し迫っている場合は、スピード名刺印刷を利用するようにしましょう。
これは何もずぼらな人だけにお勧めしているのではありません。几帳面な性格でも何かの手違いで名刺を切らしてしまう可能性も大いに考えられます。几帳面な方も、他人事とは思わずに、このスピード名刺の存在を頭の片隅に置いておけばいつか役に立つかも知れません。

一覧はこちら

名刺作成ランキング

TOP